ハロウィンごはんは和風!簡単にシルバニアっぽくもできる【2021年】

おうちイベント

ごきげんよう^^*あやです。

毎年洋風なハロウィンごはんなので、今年のハロウィンは和風ごはんにしてみたのでご紹介。
ちょっとの手間でシルバニアっぽくもできました。

和風にするきっかけ

今年2021年の娘の誕生日は、鬼滅の刃をテーマにお祝いをしました。
パーティーというと、だいたい洋風なごはんにしがちじゃないですか?
でもテーマが鬼滅の刃なので、和風にならざるを得なかったのです。

パーティーで和風というと、やっぱりお寿司が手軽です。
この時に使用した寿司下駄(寿司台)もまた使いたかったので、ここから和風にすることにしました。

ハロウィンメニュー

ではメニューのご紹介。

こちらは娘のプレート。
ハロウィンメニュー
  • お稲荷さん
  • たまご焼き
  • お味噌汁
  • かぼちゃプリン
こちらは息子のプレート。

お稲荷さんのあげは、クックパッドを参考に手作りしてみました。

そのかわり、中につめるご飯は市販品を使ってます。

煮汁が余るので、それを利用して肉じゃがも作りました。

ジャック・オー・ランタンの顔はセリアだったかな?
100円ショップで購入したのりパンチで海苔を型抜きしてます。

私用のプレート。

かぼちゃプリンはこちらを参考に作ってみました。

マシュマロとかぼちゃの種をトッピングし、ピックはシルバニア公式のインスタのものを印刷してます。

ピックがあるだけで、シルバニアっぽくなりますね。

まとめ

今回写真少なめでしたが、雰囲気伝わったでしょうか?
和風のメニューでも十分、ハロウィンを楽しむことができました。

そして仮装は、娘がフレアちゃんで息子がラルフくん。

娘の衣装はもう2年前のもの。
丈はまだ大丈夫だけど、肩はやっぱり小さくて、後ろのボタンが上までしまりませんでした。

ごはん作りに、思ったより時間かかって、テーブルコーディネートまで手がまわりませんでしたが、ささやかなシルバニアさんでもシルバニアらしくなったかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました