中秋の名月にはシルバニアの白玉だんごを手作りしてお月見をしよう!

おうちイベント

ごきげんよう^^*あやです。

2021年の中秋の名月は9月21日でした。

せっかくなので、シルバニアの公式インスタで紹介されていた、白玉だんごを作ってみることにしました。

中秋の名月とは

中秋の名月とは?

なんて、ここでくどくど説明しても…と思うので、簡単に言うと、別名十五夜とも言い、お月見をする日!ってことで!

雑…。

こちらが参考になりました。

どうやら、お月見は3回あり、3つ合わせて「3月見」というそうです。

私たちがよく知っている十五夜の他に、十三夜、十日夜があります。

十五夜と十三夜のどちらかしかお月見をしない「片見月」は、あまり縁起が良くないとされているそうですよ。

公式インスタの白玉団子

お月見といえば、月見団子!というイメージではないでしょうか?

インスタで紹介されていたシルバニアの月見団子です。

こちらを参考に、作ってみました。

細かいところまでやろうと思うと、材料も時間もかかるので、極力簡単にアレンジしてみました。
材料は、そろえやすいものばかりです。

材料
  • 白玉粉
  • イチゴジャム
  • ココア
  • (インスタントコーヒー)
  • クッキングシート

ラルフくんのバンダナ(スカーフ?)や、フレアちゃんの胸のお花やえりなんかは省きます。

インスタの作り方通りでも大丈夫ですが、今回は購入した白玉粉(140g)を全部使い、少しずつ色付けする方法にしました。

成形後はこんなかんじになります。


白玉粉に水を少しずつ足して、耳たぶくらいのやわらかさになったら、ショコラウサギの女子、フレアちゃんを作ります。


次は、くるみリスの男の子、ラルフくんを作ります。
だいたいでいいので、白い白玉を少しとり、ココアを少しずつ混ぜていき、茶色っぽくなったら成形します。


余った茶色の白玉に、更にココアを混ぜて、もう少し濃い茶色を作ります。

あんまり色付かなかったので、ここで少し、インスタントコーヒーも混ぜてみました。
濃い茶色は、目、ラルフくんの頭の模様や鼻、フレアちゃんの耳の色、に使います。


最後は白い白玉にイチゴジャムを混ぜてピンクを作ります。
今回は、練った白玉にイチゴジャムを混ぜましたが、ジャムには水分が多くあるので、耳たぶよりもやわらかすぎになってしまいました。
白玉粉の最初から混ぜていくと、ほどよいやわらかさにできるかもしれません。
ピンクは、耳の真ん中とフレアちゃんの鼻に使いました。


クッキングシートの上に成形していき、そのまま茹でます。

残りの白玉も丸く団子状に成形し、茹でます。

浮いてきたらすくい上げて、冷水で冷まします。


続いて、タレ作り。

タレの材料
  • しょう油 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1
  • 水 50ml
  • 片栗粉 大さじ1/2

全ての材料を混ぜて、電子レンジで数十秒ずつ加熱します。
時々混ぜながら何度か繰り返し、とろみが出たら完成。
鍋で加熱してもOK。

タレをかけたらできあがりです〜!!

こんなにたくさんできました。


公式のインスタのできあがりとは多少違う材料だからか、優しーーい色合いになりました。
地味とも言う。

中秋の名月の日のごはん

では、我が家の十五夜ごはんです。

あ、きざみ海苔忘れた。

やまかけ月見そばにしました〜。

この時期、月見〇〇といった、目玉焼きのような食べ物が多いですよね。

マックの月見バーガーとか。


冷やしにはしませんでしたが、レシピはクックパッドのこちらを参考に。

卵黄ではなく、温泉卵で。

白身がもったいなくて、温泉卵にしましたが、やっぱり卵黄のほうが月見らしいですよね。

まとめ

息子が幼稚園でもらってきた白い花の萩と一緒に。(ピンクの花は何の花だろう?)

2021年の十五夜は私の住む地域では、残念ながら雲に隠れて見ることができませんでした。

「片見月」にならないよう、今年は十三夜もお月見をしようと思います。

2021年は10月18日です。
十三夜は立体的なお団子にしてみました。




楽天にお団子の手作りセットもありました。

お団子 手作りセット

コメント

タイトルとURLをコピーしました