【森の手芸屋さん】シルバニアワークショップ「春のおめかしコーディネート」は簡単なのか?

ハンドメイド

ごきげんよう^^*あやです。

手芸専門店トーカイ×シルバニアのコラボ店舗「森の手芸屋さん」の春のワークショップのキットを購入し、作ってみました。

どんなものなのか?
簡単にできるのか?

など、レポートしたいと思います。

自分で材料からそろえたいなら、トーカイグループの楽天ショップ「シュゲール」で。

森の手芸屋さんとは?

森の手芸屋さんとは、手芸専門店トーカイとシルバニアファミリーが業務提携により実現した、コラボ店舗です。

私が以前にお邪魔した店舗は愛知県内の2店舗、瀬戸店と春日井宮町店です。

現在は101店舗展開してますが、まだまだ増えることを願っております!

ワークショップ参加券を使用

森の手芸屋さんのクリスマススペシャルセット。

私は、森の手芸屋さんのクリスマスセットを購入していました。

このクリスマスセット内容に、シルバニアファミリー限定のワークショップ参加券が入っています。

こちらですよ〜。

こちらの参加券の期限は1月31日(月)まで。

この期限までにできるワークショップが、今回ご紹介する春ver.だったので交換しました。

春のおめかしコーディネート

では、新しいワークショップの「春のおめかしコーディネート」を見てみましょう。

春のおめかしコーディネート春のおめかしコーディネート

引用元:クラフトハートトーカイ

■赤ちゃん はいはい・おすわり

参加費:1,000円(税込/1つ)
※講習時間:約20分
※お人形の種類は店舗により異なる場合あり。

春のおめかしコーディネート

引用元:クラフトハートトーカイ

■ファミリー おとな・こども

参加費
おとなサイズ:1,800円(税込/1つ)
こどもサイズ:1,500円(税込/1つ)
※1月下旬から随時開催予定
※講習時間:約30~40分
※お人形の種類は店舗により異なる場合あり。

ワークショップは各店で随時開催!
1月29日(土)・30日(日)は全店でワークショップを開催するようです。

ワークショップ参加券は1,000円分なので、券を使用する場合、赤ちゃんの追加料はいりませんが、おとなとこどもサイズは800円・500円の差額をそれぞれ支払う必要があります。

キットが簡単かどうかを検証

今回は赤ちゃんのはいはいver.を作ります!

お店でワークショップを受けながら作ることもできますが、キットを選んで持ち帰ってきました。

参加券1,000円分で1つ引き換え。

今回はパンダのはいはい赤ちゃんです。
かわいい〜。

このキットはピンクの衣装が作れます。
水色ver.もあると思います。

キットの裏側。

基本的にはこのキットだけで作れますが、別に用意するものもあるのでまとめておきますね。

別途必要なもの
  • 両面テープ
  • ほつれ止め液
  • はさみ
  • ものさし

ほつれ止め液はこういうやつです。

今回のキット、作り方の説明書が3枚もあります!
むむむ!なんだか難しそうな予感。

1枚は洋服、2枚が帽子の作り方になってます。

材料はこんなかんじ。

今回もリボンやレースのみで、布はありません。

では完成品を!

かわいいー!

パンダのはいはい赤ちゃん。
正面からだとこんなかんじになります。

後ろ姿。
おしり!?

このおしりのとこ、よくできたデザインだなぁと思いませんか?
丸見えで特に問題ないのに、ひらひらのパンツか何かをはいているように見えますよね。


それから帽子ですが、2通りの作り方が載っていました。
今回のパンダちゃんのように、耳が小さい子用とウサギさんのように耳が長い子用です。

今回はパンダちゃんに合わせて作りましたが、ウサギさんにも着せ替え出来るように、耳が長い子用で作った方が良かったかな?と後から思いました。


前回作ったクリスマスver.は糸と針を使って作りましたが、今回は両面テープのほうがいいと思います。
縫い付けると、仕上がりの見栄えが悪くなりそうだったので。

簡単なのか?の検証結果

では、『春のおめかしコーディネート』は、簡単かどうか?の検証結果です。

検証結果
  • 簡単!(ただし…)

手芸初心者さんやぶきっちょさんには、少し難しいかも?です。

作り方がわかってしまえばとても簡単です。

作る前は説明書が3枚もあり、難しそうだな〜と思ったものの、作り終わってみると意外と簡単だったな!という感想になりました。


布を使って、縫い代を縫い合わせて…みたいな作業は全くなく、切って貼って、リボンを通して結んで完成!というとても簡単な流れなので、作り方さえわかれば、小学生にもできちゃうと思います。

この、「作り方さえ」というのは、説明書の写真がまぁまぁ不鮮明でして…。
写真が見にくいので、「???」となるところもありました。

ですので、キットを持ち帰るよりも、可能ならワークショップに参加して、スタッフさんに教えてもらいながら作るほうがわかりやすいですし、安心だなぁと思います。

まとめ

今回のキットを作るのに、別途必要な材料で絶対あったほうが良い!必需品があります。

それは、ほつれ止め液です!

これだけは絶対に用意して、レースの端処理をしないと、どんどんほつれてきてしまうので、ちょっとめんどうでも買ってください!
100円ショップでも購入できます。


私がお店へ行った時は、このワークショップの発表前だったので、まだ赤ちゃんのセットしかありませんでした。
なので今回は、赤ちゃん(はいはい)を引き換えてきましたが、おとなやこどもサイズもあるって知ってたらおとなサイズにしてたんだけどなぁ〜。
と言うか、参加券の期限があるので、もっと早く発表してほしかった…というのが本音でもあります。


1月29日(土)・30日(日)は全店でワークショップを開催するようですし、森の手芸屋さんではない、通常のトーカイさんでも随時開催されてます。

私も今回は森の手芸屋さんではない、普通のトーカイさんで購入しました。

裁縫がそれほど得意ではなくても、切って貼るだけでできてしまう森の手芸屋さんのキット。
ワークショップ参加でより簡単に作れると思います。

シルバニアさんの洋服を作ってみたいけど自信がない…という人にこそおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました