車がなくても名古屋から高速バスで行ける!最安入園券で牧歌の里へ行く方法

日帰りイベント

ごきげんよう^^*あやです。

シルバニアのポップアップパークが開催中の牧歌の里。

愛知県在住なら、車を使って高速で行くのが1番簡単ですが、なかなかそういうわけにもいかないってあなたのために。

車がなくても行ける方法をご紹介します。

※直通便の運行が開始されました!
詳細はこちらから。

高速バスは岐阜バスの白川郷線で

牧歌の里公式サイトでも、アクセスについて紹介されてます。

引用元 : 牧歌の里

愛知県からは、名古屋駅にある高速バスセンターから岐阜バスの高速バス、白川郷線を使って行くことができます。

高速バスは事前予約が必要で、牧歌の里のほうへも、いつ何時のバスで行くのかの連絡を入れておいたほうが良いです。

おすすめのバス時刻

行き
名鉄バスセンター 8:20発
高速ひるがの高原 10:02着

帰り
高速ひるがの高原16:42発
名鉄バスセンター18:41着

バスの料金は、大人2,600円、子どもは半額の1,400円です

未就学児は無料で乗車できます。
ですが、その場合、膝の上に座り、席を占有しないことが条件となります。

座席は一般的な観光バスと同じだと思うので、我が家のように、親・子(小学校低学年)・子(未就学児)の3人の組み合わせだと2席に3人で座ることもできなくはないと思います。
(実際、私もそれを検討しました。)

未就学児といっても、年齢にもよりますよね。
我が家は5歳の年長児。
膝の上に乗り続けるには大きすぎる年齢です。

それに、路線バスではなく、高速バスなので、シートベルトはできれば装着したい。

ということで、本来なら無料ではありますが、未就学児の子も、子ども料金で3席確保しました。

バスの車内はこちらのサイトが参考になります。

4列シートでトイレはありません。

名鉄バスセンター

名古屋駅にある、高速バスのりばの名鉄バスセンターはナナちゃんの近くです。

この日のナナちゃんはこんな衣装。

各路線の名古屋駅からナナちゃん(名鉄バスセンターの入口)までの行き方はこちらを参考にさせてもらいました。

頻繁に都会に行くわけではないので、ちゃんとたどり着けるか心配になりますよね。笑
(ごめんなさい。田舎者です…)

のりばはココ!

バスセンター入口の、エスカレーターをのぼったところが3階。
その3階フロアを右奥に進んだ7番のりばです。

事前予約で決済までしておけば、当日はのりばまで直行でOK!!

高速ひるがの高原

牧歌の里は「高速ひるがの高原」でおります。
ここで牧歌の里へ電話をして迎えに来てもらいます。

このファミマの前!

ファミリーマートがあるので、その前で待ちます。

牧歌の里のロゴが入ったマイクロバスで迎えに来て下さいます。
牧歌の里までは約5分ほどで到着。

送迎してもらえるのは本当にありがたいですね。

牧歌の里入園料割引

牧歌の里は入園料が必要になります。

せっかくなら、なるべく安く行きたいですよね。

そこでオススメなのが、スパーマーケット・バローでの前売り券の購入です。

バローの前売り券は通常価格から200円引き!
通常価格
大人1200円、子ども600円
↓↓↓200円引き
割引価格
大人1000円、子ども400円

前売り入園券を200円割引でゲットできるのはバローだけ!

そして、なるべく安く行くなら、お弁当持参がおすすめ!

タコさんウインナーも入れたよ!

食材もバローで購入しました!

荷物を減らすため、お弁当箱は使わず、使い捨てパックで。
飲み物も、水筒ではなく、お茶を凍らせたペットボトルを持参!
熱中症対策に、パウチのアクエリアスを凍らせたものも用意しました。

まとめ

運転が得意ではない私が、車を使わずに子どもを連れて牧歌の里へ行けないか?を模索した結果、無事に行くことができました。
さらになるべく安く行くための情報も集めました。

簡単なまとめ
  • 名古屋から高速バスで牧歌の里へ行ける!
  • バローで200円引きの入園券を買える!
  • お弁当持参&使い捨てパックやペットボトルを使って荷物を減らす。

2022年より、直通便の運行が開始されました。詳細はこちらからどうぞ。

2021年のレポートはこちら。

2022年のレポートはこちら。

2021年のくじの詳細はこちら。

2022年のくじの詳細はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました