シルバニア好きさんにオススメの牧歌の里の楽しみ方

日帰りイベント

ごきげんよう^^*¨あやです。

2021年の夏、シルバニアポップアップパークが開催されたので行って来た牧歌の里。レポートはこちら。

とても素敵な場所だったのでシルバニア好きさんにおすすめの楽しみ方をご紹介します。

2022年のレポートはこちら。

牧歌の里でできること

岐阜県奥美濃は大日ヶ岳の麓、標高1,000mに広がるひるがの高原は、霊峯白山の雄大な姿と四季折々の大自然を満喫できるリゾート地です。 そんな風景を季節の花々で鮮やかに彩り、草原に馬やひつじが草をはむ姿がのどかな牧歌の里は自然と動物と食のテーマパークです。

引用元 : ひるがの高原牧歌の里

牧歌の里は花や動物、グルメも楽しめる、ほのぼのとした牧場と公園の間くらいの場所かな?と私は思います。

本当にたくさんの体験が用意されているので、1日で全てはできないと思います。

こんなことができるよ!

  • 手ぶらBBQ
  • 動物とのふれあい
  • 季節の花の観賞
  • ポプリ等のお花の体験
  • 工作やパンの手作り体験
  • 子どもの遊具等のキッズパーク
  • クラウンによるステージショー

etc…

この中でも、私のオススメを紹介しますね。

動物たちとのふれあい

シルバニア好きなら、きっと動物も好きですよね?

牧歌の里では、いろんな動物とふれあうことができます。

私はウシさん大好きなので、牛に会えるだけでうれしい!
牧歌の里に来たら、動物とのふれあいは欠かせない!と私は思います。

動物おすすめスケジュール


12時半までにランチを済ませます。

12:30〜動物のおさんぽ
13:15〜あにまるたっち
14:30〜乳しぼり体験

がスムーズかなと思います。

合間にエサやりや写真撮影をするのがgood!

今回は時間配分を間違えて、参加できなかったけど、動物たちのおさんぽは見てるだけで癒されそうですね。

スケジュール的には最後なのですが、先にウシさんの手続きを!
体験料200円でできる、乳しぼり体験。

牧舎内にこんなコーナーがあるので、ここで手続き。

お金を箱に入れて、時間の書かれた札をもらいます。
先着なのでお早めに。

今回体験させてもらう、17代目あんこちゃん。本名あけびちゃん。

子どもでもちゃんとしぼれてたので楽しめると思います。


あにまるたっちでは、抱っこはできませんが、ウサギやモルモットを触ることができます。

各動物のエサも100円〜200円で販売されているので、スケジュールの合間にエサやり体験もしちゃいましょう。

アルパカは毛が刈ってあって、可愛さ半減!笑

他にも馬や羊、ヤギもいました。
どの子もかわいかったです。

外バニア撮影

動物だけでなく、風景もとても素敵です。

こんな場所でやりたいのは外バニア撮影!

時間がなくて、私はこの1枚しか撮れませんでしたが、お花と一緒に撮影するシルバニアさんは、きっと素敵に撮れること間違いなし!

風景の写真もあんまり撮れなかったのですが、とてもきれいな花々でした!
夏でもこんなにきれいなんだなぁ〜と思いました。

園内でクイズラリー

番外編としては、牧歌の里でクイズラリー!

入口入ってすぐのメインハウスに設置してある、クイズラリーは無料でできます。

表がクイズラリーで、裏はあんこちゃんスタンプが押せます。

他にも売店等で500円で販売されている、タカラッシュ!のリアル宝探し「クラウントレジャー」や「旅人と3人の王様」もありました。

我が家は、クラウントレジャーをやりました。
そんなに難しくはないのですが、思ったより時間がかかったなぁという印象です。

クイズラリーのほうは無料でできますし、場所さえわかれば簡単ではあります。

できたらここに解答を投函!

牧歌の里グルメ&おみやげ

最後は、実際に購入した牧歌の里グルメとお土産を紹介します。

まずは、アルパカソフトクリーム。

ダイヤのアルパカソフト。

可愛すぎるソフトクリームだけど、すぐ溶けます…。

他にもアルパカパンもありますよ。
メインキャラはジャージー牛のあんこちゃんのはずなんですが、アルパカ推し!ですね。笑

牧歌の里キャラクターのあんこちゃんはこんな子!

引用元 : 牧歌の里

あんこちゃんのお土産もいっぱいあります。

実家へのおみやげにはこちら。

牛乳パック型の箱の牛乳サブレ。

牧歌の里らしく、あんこちゃんをセレクトしました。


自宅へのお土産はこれ!

あんこちゃんプリン。

上の白いところはミルクプリンで、下がなめらかプリンでした。

これはおみやげにおすすめ!

まとめ

牧歌の里は、景色も本当に絶景で、たくさんの動物たちにも癒されます。

今回の感想としては、牧歌の里を純粋にめいいっぱ楽しみたいのなら、クイズラリーはやらなかったほうがよかったなという後悔…。
特にタカラッシュ!のものは謎解き形式なので、回る順番が読めません。
あっち行ってこっち行って、また戻るの??なんてことも有り得ます。

いつでも何度でも来られるのなら、今日はクイズラリーに集中!とかできますが、そうじゃなければ時間がなさすぎて焦るばかりで、のんびりと楽しむことができませんでした。

こういうほのぼのとしたところでは、焦らずのんびり過ごしたいですよね。

2022年から高速バスの直通便が開始されました。詳細はこちらから。

高速バスについてはこちらもあわせてどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました